TechnoBrain CBH

column

美しさの秘訣は腸から★「腸活」のおすすめ♪

化粧やエクササイズはもちろん、もっと食事を整えて内側からもきれいになりたい!
でも何からしたらいいかわからない。そんな風に思っている女性は少なくはないと思います。
今日は食事から内側からきれいになるための一歩として「腸活」をご紹介いたします。

1腸活とは

私たちの腸は約1000種類にも及ぶ腸内細菌が生息しています。腸内細菌は私たちの食べたものの栄養素の吸収や、病原菌などから身を守る免疫細胞の活性化など大きな役割を果たしています。
腸内細菌は、悪玉菌、善玉菌、日和見菌と3つの種類に分類されます。
普段はバランスをとって腸の中に生息していますが、食生活や生活習慣の乱れにより、悪玉菌が優勢になると、腸内環境が悪くなり、便秘や肌荒れなどの不調をきたします。
「腸活」とは腸内環境を整え、良い状態を保つことを言います。

2腸活のメリット

「腸活」で腸内環境を整えるメリットをいくつかご紹介します。

・便通の改善や美肌効果
腸内環境を整えることで腸内の老廃物を排出してくれるので、便通の改善にもつながるほか、
お腹の張りやガスだまりも改善されます。また老廃物の排出により美肌効果も期待されます。

・痩せやすい体になる
腸内環境を整えることで、栄養素の吸収率も上がります。
その為、体内での脂肪の蓄積も防ぐこともできます。また腸内環境が良くなると脂肪燃焼や、脂肪を蓄えにくくする「短鎖脂肪酸」が作られることで、太りにくい体になります。

・免疫力の向上、アレルギーの改善にも
腸には私たちの体を病原菌から守る免疫細胞が多く存在します。腸内環境を整えることでウイルスや病原菌の侵入を阻止してくれる効果があります。

腸活をすることで、体には嬉しいメリットがたくさんあります!では具体的にどのようなことをしたら良いのでしょうか。大事なポイントは、善玉菌を増やすものを継続的にとっていくことになります。
その方法は2つ紹介します。

・善玉菌を含む食品(プロバイオティクス)をとる
例 ヨーグルト・乳酸菌飲料・納豆・漬物など、ビフィズス菌や乳酸菌を含むもの
・善玉菌を増やす餌となるもの(プレバイオティクス)をとる
例:オリゴ糖や食物繊維で、これらの成分は野菜類・果物類・豆類などに多く含まれています
また善玉菌を含む食品と善玉菌を増やす餌となるものを同時に摂るとより効果的だとは言われています。

例えば、このようなメニューが手軽に取り入れられるのでお勧めです。
朝ごはんにはちみつ(プレバイオティクス)×ヨーグルト(プロバイオティクス)
ご飯のお供で納豆(プレバイオティクス)×めかぶ(プレバイオティクス)
そのほかにも、おみそ汁にわかめやゴボウなどの根菜類など

4腸活で内側からもキレイに✨

いかがでしたでしょうか。「腸活」はダイエットや美容、健康にとっても大きな役割をしています。ぜひ今回紹介させていただいたポイントから「腸活」を始めていただき、内側から綺麗になっていきましょう!

コラム作成者:CBH所属管理栄養士 金井夢

食事制限による無理なダイエットではなく、
正しく食べて健康的できれいに痩せるための
ダイエットサポートプログラム

無料体験&ご質問はこちら 入会はこちら